車庫はしっかりしたものが良かった

新築を作る時に、必ず必要なものとして車庫があります。私と主人とも車を使っているので、車を2台おけるところが必要となります。そこでどんな車庫にしようかと思っていました。広い車庫だと、車を駐車しやすいですね。そのことばかりを思っていて、広めにしたらいいと思うようになりました。
ところが使っていると、やっぱり不満があります。その不満の一つに、車庫が頑丈ではないことです。子供たちが、ボール遊びをしている時に車庫の天井にボールが当たるとその部分がヒビが入ってしまいました。その後は、雨がそこから漏れてしまうのです。そんなに簡単なことで、割れてしまうのは想定外でした。
車庫と言うと、今はプラスティックのようなものが多いです。特に天井はそんな感じになっていますね。雨をしのぐことはできますが、それ以上のことを望むことができません。色も変色してしまうので、そのことについても悩んでいます。掃除ができないし、困っています。

近所のモデルルームを見て新築一戸建ての購入を決めた

賃貸で住んでいたアパートの近くで大規模な分譲開発が行われており、モデルルームが完成したので、見学に行ったときに新築一戸建て住宅の購入をしたくなりました。
マイホーム購入に対しては、これまでは具体的に考えることもありませんでしたが、実際にモデルルームを見ていろいろな設備に触れている時に強く憧れるようになりました。
家族に話をしたところ、反対されることもなく、親も資金援助をしてくれるということになったので、購入を決心しました。
せっかく購入するので、地震に強い新築一戸建て住宅に住みたいと感じていましたが、ちょうど販売していた近所の一戸建て住宅が耐震性能に配慮しているということだったので、とても魅力に感じました。
屋根も出来るだけ重量が軽い素材を採用して地震に対して揺れにくい設計にしているということだったことも購入の決め手になりました。
テレビモニター付きインターフォンが付いている点も非常に評価しており、訪問者がすぐにわかるので安心です。

物件展示会場へ行って新築一戸建探し

物件展示会場は週末を利用して家族で参加するようにしていました。やはり色々と物件見学をしていると家族でイメージができるので、どういった物件が理想的かなぁと具体的な話し合いがでいるようになったので、マイホーム購入を真剣に検討するようになりました。新築一戸建ては、子供が小学校入学前に購入した方が良いし、登下校時の道路など危険ではないかなど、周辺の交通量や自転車・歩行者など、どのような環境かじっくりその辺も検討するようにしました。登下校時に車の出入りが多い場所だと危険ですし、子育てに最適な環境ではないこともあり、そういった部分もしっかりチェックしておきました。新築一戸建ては価格もピンキリなので、ある程度の費用を決めておいたことで、スムーズに新築一戸建てを決めることができたと実感しています。購入後は返済していかないといけないし、そういった部分も考慮した上で新築一戸建てを購入したので無理なく返済できます。

ベランダが汚れにくい

新築を作る時に、どうしても欲しかったのはなんといってもベランダです。ベランダがあることにより、二階にある布団などをさっと干すことが出来るからです。それが出来ると、布団干しが面倒と思うことがありません。辛い布団干しも、簡単に実施できます。
そこで広めのベランダにすることにしました。ベランダが広いので、たっぷりと使うことができます。しかもそこには、深めの屋根があるのでとても便利です。まずいいのは、やっぱり急に雨が降ってきた時に慌てることなくしまうことができます。屋根がないと天気がいい時しか使うことができません。
またそのベランダの材質がいいので、そのこともとても良かったと思っています。それは汚れが取りやすいことです。そんなに濡れることはありませんが、雨が入ることがあり自然と汚れています。そんな時、さっと洗うことにより汚れを取ることができます。ベランダに水栓もつけているので、それで汚れを流しています。

新築一戸建ての間取りの意外な落とし穴

新築一戸建てを建てるときにどのような間取りにしようか考えますよね。特に注文住宅はイチからすべて設計が出来るのである程度何でも出来てしまいます。ですが、我が家が考えた住宅の意外な落とし穴について紹介します。
まず、特に女性なら見た目にあこがれたりしますよね。おしゃれなキッチン、かっこいい見た目など、そちらを重視してしまう傾向があるのではないでしょうか。たとえば流行のリビング吹き抜けなどがありますよね。リビングが吹き抜けていると広く見えるしすごくかっこいいですよね。あこがれている人もたくさんいると思います。ですが、空間が広いということはそれだけ光熱費がかかります。光熱費は一生払っていかなければいけないものなので、意外とあなどれません。ですので、光熱費を節約したいという人は不向きな間取りなのです。他にもお風呂が広いのに憧れる方も多いですが、浴槽が広いとガスと水道代がかかります。特にガスなどは結構高いので、ガス代が高いのはかなり堪えるでしょう。ずっと払っていかなければいけない光熱費のお金はしっかりと考えた方がいいですね。